スポンサードリンク

2013年09月15日

便秘の原因


便秘を解消するために、まずは原因を知っておきましょう。

男女の腸は機能や構造自体に大きな違いはありませんが、女性の場合は月経や妊娠があり、
ホルモンバランスが乱されることが多くなったり、肛門周辺の筋肉や腹筋力やが弱いため、
男性に比べ便秘になりやすいです。


男性の場合は、女性に比べ男性は腸が弱く、便が緩い傾向にあるため、
比較的便秘にはなりにくいです。

しかし、最近では人間関係や仕事のストレス、睡眠不足、生活習慣の乱れによって
自律神経が乱されることで異常をきたし、便秘になる男性が増えてきています。

一般的な便秘薬は、ぜん動運動が弱くなった人向けに作られており、
腸の動きを活発にする効果があります。

しかし、痙攣性便秘の場合は、ぜん動運動が働き過ぎている事が原因なので、
症状を悪化させることになります。

自律神経の乱れやストレスが原因によるものなので、
下痢と便秘を繰り返してしまうことが多いです。

便秘薬で治そうとするよりは、原因のストレスを解消し、根本から改善をしていく事が大切です。


赤ちゃんの便秘の原因は、離乳食を開始してからが場合が多いです。

離乳食は母乳やミルクとは違い、少しずつ固形に近づいているので消化するまでに
時間が必要になり、便秘になりやすいです。

便秘の原因が離乳食の場合は、水分や繊維を含んだ食事にしてあげてください。

便秘がひどくなるようなら、薬などで治療した方が良いでしょう。

便は体に必要のないものなので、体の中に置いておくと毒素が溜まります。



便秘の原因には、次のようなものがあります。


・便意の我慢

便意の我慢は、便秘の中で最も多い直腸性便秘の原因となります。
排便の必要性を感じなくなってきます。
便意は、我慢しないようにしましょう。


・水分(水・ジュースなど)の不足

水分が不足した場合は、便が硬くなり、腸内の通りが悪くなります。
水分には、便が腸内を移動しやすくする働きなどがあります。


・食物繊維(野菜・海草など)の不足

食物繊維の不足は、善玉菌のエサが減少し、腸内環境が悪化します。
腸内の水分保持力が減少し、便の通りが悪くなります。


・食事量の不足

食事量の不足は、便の量が少なくなるため、便秘になりやすくなります。
食事制限ダイエットには注意しましょう。


・薬の副作用

薬を常用している人は、薬の副作用による便秘の可能性があります。


・生活習慣の変化

妊娠、高齢、旅行など。


・下剤の常用

下剤を長期間使用すると、下剤なしでは排便できなくなり、
便秘が更にひどくなる可能性があります。


・排便時間の不足

時間がない人は十分な排便時間が設けられず、その状態が続くと
宿便としてたまってしまいます。


・ストレスの蓄積

ストレスは、自律神経の働きが乱れることによって便秘に陥ります。
ストレスを発散しましょう。


・脂肪(動物性脂肪・植物性脂肪)の不足

脂肪分が不足になると便秘の原因となることがあります。
ダイエット中の人は、脂肪分の摂取を控えめにしている人も多いでしょう。
しかし、脂肪分は便を軟らかくし、排出を促す効果を持っています。

脂肪分の摂りすぎはよくありませんが、毎日の生活の中で適量を摂取する必要があります。


・運動(有酸素運動・無酸素運動)の不足

運動には、腸のなどの消化器を刺激する働きがあります。
運動不足になると腸への刺激が減少し、便秘になりやすくなります。


・大腸および直腸の病気

腸閉塞、腸の周りの癒着、憩室炎、腫瘍、大腸や直腸の狭窄、ヒルシュプルング病、がんなど。


・他の原因

大腸の活動低下による便の通過遅延や、肛門・直腸周囲の筋肉の弛緩障害で排便困難になります。



シミ あきらめないで!!!

痔の治療法

肩こり 解消法

頭痛解消法






| 便秘解消 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。