スポンサードリンク

2013年09月13日

宿便とは

宿便とは、完全に消化しきれず腸内に残ってしまった残留物の事を言い、これが腐敗し色々な
毒素を発生します。

腸の壁にこびりついた色々な老廃物を、宿便といいます。

宿便は、便秘の人だけに限らず、誰の腸の中にもあります。


宿便は長く体内に留まっていると、ヘドロ状態になり、体の健康に悪影響を与えてしまいます。

宿便が溜まるとこれが原因で、便秘や、消化物が宿便でせき止められ腸閉塞を起こす事もあり、
現代の色々な病気、特に成人病の原因は、宿便によるのではないかといわれています。




宿便・便秘の害

次の症状がある方は、腹部に多量の宿便を持っていると思われます。

高血圧 ・低血圧 ・頭痛 ・のぼせ ・めまい
ニキビ ・シミ ・肌荒れ ・腰痛 ・肩凝り ・体臭(皮膚) ・口臭(肺)
アレルギー ・慢性皮膚病(しっしん・じんましん)
肥満 ・肝臓病 ・腎臓病 ・糖尿病 ・胃弱 ・胃下垂・
神経痛 ・冷え症 ・精力減退 ・大腸ポリープ ・大腸がんの原因など。


宿便を改善するには、普段の食事、もしくは生活習慣をしっかりと見直していくことです。

普段から多くの食物繊維を摂るように心掛けて、飲み物もコーヒーや炭酸、ジュースではなく、
水やお茶をたっぷり飲みましょう。

宿便を取るのには断食(プチ断食)は、非常に効果的です。


| 便秘解消 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。